家を食べる白い害虫への策|危険な害虫はプロに依頼|アシナガバチ駆除を徹底的に行なってもらう

危険な害虫はプロに依頼|アシナガバチ駆除を徹底的に行なってもらう

家を食べる白い害虫への策

木材

有効なアイテム

シロアリの対策は自力で行うことも可能です。使用するアイテムはホームセンターなどで販売されているシロアリ駆除キットですが、駆除剤には種類があります。よくある駆除剤はホウ酸・コシイアリピレス乳剤・クロチアニジンなどで、シロアリ対策に向くのはホウ酸以外のものです。ホウ酸はゴキブリ駆除アイテムとして販売されることが多く、シロアリはゴキブリの仲間ですがホウ酸の効き目は確認されていないようです。そのため、業者ではコシイアリピレス乳剤やクロチアニジン系の駆除剤を用います。シロアリを駆除して、再び住みつかないようにする対策の時にはホウ酸の効果も期待できます。ホウ酸は防虫効果があるものなので、住みついてからでは遅いです。駆除後の予防対策として、活用すると良いアイテムです。

好む環境を排除しよう

シロアリは木材だけでなく、コンクリート素材もかじるといわれています。木造が一番狙われやすいのですが、コンクリートで作ってあったとしても被害にあわないとは言い切れないようです。また、築年数もあまり関係がないという意見もあります。シロアリが住みつく最もな原因は環境にあり、シロアリが好む環境があることで住みついてしまう可能性が高くなります。床下が地面に近くて通気性が悪いく、材木が米松だと住みつきやすいとされます。対策として最も気を付けたいのは湿気で、通気性が悪かったり水道管の関係で湿気が床下に溜まるとシロアリが寄ってきます。床下と地面の距離が近いと、シロアリが侵入しやすくなります。基本的にジメジメした暗い場所を好むので、家を建てる時は床下の構造も考えると良いです。建て替えが難しい場合や持家でないなどの事情がある場合は、可能なら床下のリフォームをしたり、家に手を加えることができないなら業者に依頼したりアイテムを駆使して対策を実施します。