被害を小さくするために|危険な害虫はプロに依頼|アシナガバチ駆除を徹底的に行なってもらう

危険な害虫はプロに依頼|アシナガバチ駆除を徹底的に行なってもらう

被害を小さくするために

いたち

早めに対処する

気温が下がる11月頃になると、イタチが家の天井裏などに侵入する被害が増えます。最初は、餌になるネズミなどの小動物を探して侵入してくるのですが、断熱材などに囲まれた住みやすい環境ですと、住み着くことがあります。そうなると、天井裏の物音や、糞尿による建物への被害もでてしまうため、早急なイタチ駆除が必要になります。個人でイタチ被害に対処するのであれば、イタチは臭いに敏感ですので、忌避剤や木酢液・燻煙剤などが利用できます。追い出すことに成功した場合でも、イタチが学習して寄り付かなくなるまで続けることが必要です。ただし、糞尿の臭いが気になるなど、被害が大きくなっているのであれば、イタチ駆除業者の利用も検討したほうが確実です。

駆除後の対応

イタチは臭いや音、光に敏感ですので、それらをうまく利用すれば、追い出すことはできます。しかし、侵入経路をそのままにしますと、また侵入してくる危険もあります。そのため、今後のイタチ被害を防止するためにも、侵入経路を塞いでおいたほうが安心です。イタチは直径3cm程度の穴なら侵入してきますので、ちょっとした隙間からも侵入してきます。屋根部分からの侵入も多いため、屋根のチェックが必要ですが、危険であれば無理せず業者に見てもらいましょう。イタチ駆除では、駆除後の糞の掃除や除菌・消臭などの衛生面での作業が重要です。したがって、イタチ駆除業者に依頼する場合は、そういったアフターケアもしっかりと行なってくれる業者に依頼しましょう。